メニュー

ニキビ

ニキビ

保険診療にて飲み薬・塗り薬を処方して治す治療、レーザー等を用いた自費診療など、にきびの状態やご希望に応じて相談させて頂いた上で治療方法を決定します。

スーパーフォトセラピー スターラックス

starlux

当院にて好評を頂いておりましたスターラックスが新しくなりました。
美容スキンセラピーの最新機です。選択された波長の光(フラッシュランプ)を利用して表皮疾患を取り除き、肌の若返り・活性化を図る総合的な治療器です。
従来の機種よりピークパワーが上がった為、照射時間の短縮と治療回数の低減が見込まれます。また冷却機能も強化された為、施術の痛みも より軽減され、ダウンタイムも短くなりました。
しみ・そばかす・しわ・たるみのほか、毛細血管拡張性の赤ら顔、にきび・毛穴の開き・くすみ・肌のハリなどを改善します。
麻酔も要らず、痛みもほとんどありません。施行後すぐに通常通りのメイクが可能。施行時間は平均10分程度です。

 

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは?

pe_img11

 グリコール酸・乳酸などの化学物質を塗布し、治療の目的に合わせた深さで皮膚を剥離・除去する治療法です。

 

どのような効果がありますか?

ケミカルピーリングというと、「古い皮膚を剥いで、新しい皮膚を出す=ピールオフ」効果ばかりに注目が集まりますが、ピーリングはその他にも多くの効果を持っています。

ピールオフ効果 ニキビやシミなどのトラブル部分を除去(ピールオフ)する効果
再生効果 ピーリング後に適切な処置を行い、皮膚の再生能力を利用して、キメの整った理想的な皮膚を再構築する効果
新陳代謝を高める効果
(成長因子やサイトカインの増加)
・皮膚の保湿成分(セラミド)や弾力成分(コラーゲンやエラスチン)が増加する効果
・毛穴の詰まりを防ぎ(ニキビ)、メラニンの排出を促進する(美白)効果
ドラックデリバリーの補助効果 ニキビのお薬や美白成分、美容成分の吸収を高める効果

 

ケミカルピーリングの効果が期待できる疾患

 

pe_img01

ざ瘡
いわゆるニキビです。ニキビができる背景には様々な要因がありますので、治療と共にオイルクレンジングや閉塞性の高いリキッドファンデーションの常用、ストレス、睡眠不足などの生活習慣も合わせて見直すことが大切です。

pe_img08


 

pe_img02

毛孔性苔癬
二の腕に現れることが多く、大きな毛穴に角栓が生じることでザラザラとした肌触りとなる良性の疾患です。ケミカルピーリングを定期的に行うことで、ある程度なめらかな肌状態を維持することも可能です。

pe_img09


 

pe_img03

炎症後色素沈着
怪我、湿疹、ニキビ、火傷など、何かしらの炎症がおこり、その後跡となって残るシミ。程度により、ケミカルピーリングとともに、ビタミンCイオン導入や、美白剤などを併用して治療が行われます。

pe_img10

 


 

pe_img04

日光性色素斑
長年紫外線を浴び続けたことに起因しているため顔面にできることの多いシミ。大小さまざまな大きさがあり、中年以降のほとんどの人に現れます。日常の紫外線対策が大切です。

 


 

pe_img05

肝斑
妊娠をきっかけに生じることのある女性に多いシミ。 顔面の左右対称に現れるのが特徴です。

 

 


 

pe_img06

雀卵斑
俗に言うそばかすのことです。5歳ごろから日光にあたる顔面などを中心に現れて思春期が最もピークとなります。

 

 

すぐに効果は現れる?

肌のざらつきや毛穴の黒ずみ、化粧のりなどは1回の施術で多くの方が実感されますが、通常は2~3週間おきに6回を目安としてケミカルピーリングを行います。効果の現れ方には個人差があるのでドクターと相談し、治療計画(頻度・回数・併用治療・ホームケアなど)を立てることが重要です。

pe_img07


 

nikibit

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME