メニュー

泌尿器科

泌尿器科

血尿、膀胱炎、夜尿症(おねしょ)、尿路結石、
前立腺肥大症、排尿困難、尿漏れ・頻尿、
尿道炎(梅毒・クラミジアなどの性感染症)など。
頻尿・尿漏れを改善したい方のための治療器を導入しています。

夜尿症(おねしょ)について

患者さんからの質問で多いものにお答えします。

Q1. 何歳になったら、相談に行けばいいの?
その答えは、「小学校に入学したらご相談ください。」です。理由は、後でご説明します。

Q2. おねしょは大きくなれば、自然になくなるものでしょ?
確かに、自然治癒率の高いことは一般に知られているとおりです。しかし、100%ではないということは事実です。成人の夜尿症は実際の診療でも時々、見られる疾患であります。そのような理由から無責任に様子を見ていいとは言えません。

Q3. 夜尿症の治療はどんなことをするの?
①初診時に生活習慣の改善の説明をします。
②膀胱訓練の仕方を説明します。機能的膀胱容量を見るために必要です。
③夜尿した時の朝一番尿を3回提出してもらい、尿比重を測定します。
④年齢、体重、膀胱容量、尿浸透圧にて判断し、
 薬(トフラニール、バップフォー、デスモプレシンスプレー)などの治療を決定します。

Q4. 夜尿症は薬で治るの?
小児夜尿症の薬での治療は、膀胱訓練をした上でその治療効果が上がるものと考えております。逆に、自宅でただ漠然と膀胱訓練をしていても、同様のことが言えると思います。

Q5. 膀胱訓練とは、何ですか?
1日1回、日中(朝ではダメです。)に水分を摂取後、尿が漏れ出す寸前まで排尿を我慢してもらい、排尿量を測定してもらいます。当院では、今までのデータを基に、体重、年齢による夜尿症が治ったときの膀胱容量の統計を出しました。それに従い、指導します。

Q5. 夜尿症の自然消失について
健常児では、3~6歳までに夜間の排尿調節が完成すると言われています。帆足の報告によれば、毎晩夜尿する児童は5~6歳で2.6%、河内らは夜尿平均消失年齢を7.3歳としています。膀胱訓練はある程度の理解力があり、真面目にできる様になる年齢にならないと効果がないため、小学校就学時より治療を開始すると私たちは考えております。

干渉低周波を使用した頻尿・尿失禁の治療器

uromaster当院で行っている頻尿・尿失禁治療は、下腹部と下臀部に専用粘着パッドを4枚貼り、干渉低周波電流を用いて膀胱・及び尿道等の排尿機関に刺激を与え神経及び筋組織に対する治療を行います。この治療は保険適用され、副作用も無く7割以上の方が改善をみられる安全・簡単な全く新しい治療法です。

こんな事でお困りの方はこの治療法の対象となります

・日中起きている時に8回以上、夜寝ている時に2回以上トイレに行く。
・くしゃみ・セキや大笑いをした時におしっこが漏れる。
・重い物を持ったり、階段を上がったりするとおしっこが漏れる。
・ゴルフやテニスなどでショットをする時におしっこが漏れる。
・おしっこをしたくなったときトイレまで我慢できずに、漏らしてしまう。

特徴
1. 専用粘着パッドを貼って20分間寝ているだけの簡単な治療です。
2. 治療による副作用は伴いません。
3. 高齢者や身体の弱い方でも安全・簡単に治療が行えます。
4. 干渉低周波という低い周波数の電流刺激を与えます。(肩こりや腰痛治療の時に使用するのと同じような感じです。)
5. マッサージ効果及び血流促進・温度上昇による温熱効果がもたらされ、けっして痛くはありません。

費用及び治療回数
・専用粘着パッドは最初に購入して頂きます。4枚セットで¥3,000です。
・専用粘着パッドは20回から30回使用可能なものです。(個人の使用分なので衛生的です)
・専用粘着パッド以外の治療にかかる費用はすべて保険が適用されます。
 (3割負担の方は1回あたり390円)
・治療回数は、最初の3週間は週2回程通院していただき、その後は2週間に1回程です。
・効果があがった時点で治療は終了となります。

本治療をご希望される方は、遠慮なく院長までご相談下さい。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME